2010年 03月 28日
VINTAGE LEVIS

今日は男なら、一本は欲しい、ビンテージLEVISの紹介です。

f0208464_192814.jpg


f0208464_19283823.jpg




USED 1960年代のLEVIS 551ZXXです。

サイズは実寸でウエスト34(約86cm)レングス32(約81cm)です。

あの人気モデル、505の前身モデル。
当時、LEVISは1950年代の終わりから
防縮加工技術に力を入れ、
東部向けにこの551ZXXを展開しました。
(551のシルエットは裾にかけて緩やかに細くなっています)
551ZXX最大の特徴はリーバイス初のプリシュリンクデニム採用モデルです。
特有のダイナミックな縦落ちをします。
XXなので当然、隠しリベットもあります!!
トップボタン裏はK刻印。551ZXX後期型や505E初期型にはK刻印が多いです。
60年代の代名詞的なジッパー、TALONジッパーを使用しています。
紙パッチも綺麗な状態で残っています。もちろん赤耳付き。
フロントポケットのスレキのリベットがブロンズ。
もちろんVステッチでウエスト上部はシングルステッチです。
センターベルトループはオフセットもXXならでは。
BIG Eのタブは均等Vの両面刺繍タブです。
色残りは80%くらいです。
特有のドス黒さは、健在。
裾もオリジナルのチェーンステッチのままを保っています。
1960年代後期には品番がおなじみの505に変更されました。


f0208464_1929193.jpg


f0208464_19291754.jpg


60's Levi's 501 BIG-E 66前期

1959~1962年頃のLevi's 501 BIG-E 66前期です。
通称66ビッグEと呼ばれるモデルで、
イエロー綿糸の使用はされておらず全てオレンジ綿糸です。
赤タブがビッグEからスモールeへ移行期頃のモデルで
後ポケット上部はシングルステッチです。
色もまだ残っており色落ち楽しめると思います。
通称66ビッグEと呼ばれるモデルで、トップボタン裏の刻印は「6」、
フロントボタンは足長R。
更に裾はオリジナルのオレンジチェーンステッチです。

DETAIL
トップボタン裏刻印:6    隠しリベット:無し
ウエストバンド:ダブルステッチ    トップボタン横:平行ステッチ
 赤タブ:BIG-E            ベルトループ:センター
アウトシーム:セルビッジ(赤ミミ)
SIZE:ウエスト32インチ(約80cm) レングス30インチ(約76cm)
[PR]

by pilotnorisan | 2010-03-28 12:59 | Pants


<< 真珠の指輪      スタート >>